不動産名義変更とは?

不動産の持ち主である人が亡くなった場合、親族が遺産を相続しますがトラブルがおきない限り早めに不動産名義変更をおこない故人から自分の所有物に変更しましょう。まれに協議が長引き何年も続くことがあります。

不動産名義変更の初歩

不動産名義変更とは?

不動産は財産であり、相続で資産として残った場合に誰のものになるのかを決めて故人の名義になっている不動産を新たに所有する自分のものとするために名義を変更すること不動産名義変更といいます。

亡くなった人の相続以外にも、離婚による財産分布のための名義変更、親から子どもへの贈与などがおこなわれて際の名義変更などがあります。

相続する場合、不動産の名義変更ではトラブルがおこりやすく、相続をわけるためにおこなわれる方法として法定相続、遺産分割協議、遺言書による遺産相続があり、その中でも遺産分割協議をおこなう際には言い争いやトラブルがおこりやすく、相続人たちに争いが意外にも複雑化しやすくなるために何年も協議をおこなうケースがあります。

そのために故人の名前のままで不動産がそのまま名義変更されずに残っている不動産も多々あります。

このような協議が何年もおこらないためにも故人が遺言を残しておくことが最も効率よく遺産分割をおこなることができます。

不動産名義変更の際、相続登記をおこなうのであれば様々なな書類作りや書類を集めることがあるために、面倒なことが意外にも多いので不動産名義変更は早め早めに済ませておいたほうがいいでしょう。

自分たちのためにも故人のためにも素早い解決が鍵となります。

▼オススメサイト
不動産登記

Copyright (C) www.office-press.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の初歩