売買による名義変更

売買の際に名義変更をおこなう場合には法務局で登記申請をする必要があり、売り主や買い主が必要とする書類や買い主側が支払う税金などがあるため、司法書士に任せるとだいぶ安くあがります。

不動産名義変更の初歩

売買による名義変更

売買によって売り主の不動産名義が買い主に変更されることはよくあることです。

中古の一戸建てを購入する際などはよくあることでしょう。

売買によって不動産名義変更をおこなう際には法務局に登記申請をする必要があります。

購入した側には不動産所得税がかかり、税金をおさめなくてはなりません。

その他に、印紙税、登録免許税、固定資産税も買い主側は支払う税金となります。

売買による不動産名義変更の手続きに必要とされる書類は売り主は登記識別情報通知と印鑑証明書、名義変更をおこなう年の固定資産評価証明書、委任状で、買い主は住民票と売買契約があったことをしめす書類の売買契約書が必要となります。

不動産業者によっては必要となる書類が増減するため、その業者に合わせて書類を集めるようにしましょう。

売り主は親が亡くなった際に不動産を売りたいと思ったら、そのままの親の名義のままで不動産では売ることができません。

そのために自分への不動産名義変更が必要となるのです。

法律で決まっていることなので、とても面倒なことではありますが、一度名義変更をしてから売却をおこないましょう。

このような売買のケースの際にも必要書類などがあるために司法書士に依頼したほうが確実が安くあがります。

▼オススメサイト
不動産登記

Copyright (C) www.office-press.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の初歩