離婚による名義変更

離婚によって夫婦で共有していた財産は分けられ財産分与によって名義が元夫になっていた不動産を元妻に名義変更することができることがあります。住宅ローンが残っている場合は難しいです。

不動産名義変更の初歩

離婚による名義変更

離婚をすることがひとつのものがふたつになるために共有していた財産を分けなければいけません。

夫婦が離婚のために財産を分けることを財産分与と呼び、夫婦になってからともに残してくた預貯金や株、不動産、家財道具、別姓、車などの夫婦で購入したものが財産分与されます。

離婚によって関係がどんどん悪るくなり、顔も見たくないという状態の場合それぞれが会って財産分与をおこなうにはなかなか進まないこともあります。

そのために司法書士が代理人として財産分与から名義変更までおこなってくれます。

今住んでいる家はおそらく元夫の名義になっているため、家を元妻のものにするのであれば不動産名義変更をおこなう必要があります。

住宅ローンが残っている場合には、夫名義で融資を受けているために融資条件と異なるので銀行側が返済を求めることがあります。

銀行側に夫名義の住宅ローンを妻名義に変更することは勝手にはできないことです。

抵当権のある銀行の承諾がなければ名義変更ができません。

できたとしても、妻がパートで稼いだお給料で住宅ローンを支払っていけるかが問題となります。

慰謝料をすべて返済にまわす方法もありますが、難しい可能性もあります。

いっそのこと不動産を売却してみるという方法もあります。

そういうことから、信頼できる司法書士に依頼して大変な手続きなども代わりにおこなってもらいましょう。

▼オススメサイト
不動産登記

Copyright (C) www.office-press.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の初歩