不動産名義変更に必要な書類たち

不動産名義変更をおこなう場合に必要な書類は故人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本をまず揃えます。転籍している場合にも転籍先の役所に依頼します。その他に相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書も必要です。

不動産名義変更の初歩

不動産名義変更に必要な書類たち

不動産の名義変更をおこなう際には故人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本が必要となります。

転職や婚姻、引っ越しをしている場合には転職前、婚姻前の戸籍謄本も必要となるために大変な苦労がかかります。

多くの転籍を繰り返している場合、普通の人よりもたくさんの書類が必要となります。

故人の本籍地で戸籍謄本を取得して、転籍がある場合には転籍先の役所や請求の申請をしなければなりません。

それから、故人の住民票も必要となります。

今までのは故人のものですが、相続人の書類も必要となるために、多くの相続人がいる場合にはその人数分が必要となります。

まず、。

相続人全員の住民票に相続人全員の印鑑証明書、不動産の固定資産評価証明書が必要となります。

そして、遺産分割協議書と相続登記申請書は自分たちで作成しなければなりません。

非常に大変なことではありますが不動産名義変更をおこなうには必ず必要な手続きなので間違わないようにしてください。

贈与の場合には、故人の戸籍謄本に遺言書、固定資産評価証明書に新しい名義にの住民票、相続登記申請書に権利書、遺言疾呼者がいる場合には遺言執行者の印鑑証明書が、いない場合には法定相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書が必要となります。

遺贈の場合には贈られる人と相続人、または遺言執行者が共同で申請する必要がある場合もあります。

▼オススメサイト
不動産登記

Copyright (C) www.office-press.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の初歩