贈与による名義変更

生きているうちに不動産を子供に贈与しておけば、自分が亡くなった際に遺産でもめることがないだろうと先を見越して贈与をおこない名義変更する方法があります。夫婦間でも贈与が可能です。

不動産名義変更の初歩

贈与による名義変更

生きているうちに不動産を子供に贈与しておきたいという親の気持ちから、贈与によって不動産名義変更をおこなう必要があります。

自分が亡くなってから親族で争うことがあるならば、生きているうちに贈与してしまえばトラブルもおこらないだろうと考えてくれた結果です。

亡くなったあと見つかった遺言書に記載させていることと、生きてるうちに子供へ不動産を贈与しておくのでは税金のかかり具合がだいぶ異なります。

贈与税とは財産をもらった際にかかる税金です。

財産をもらった人が申告をして納税しなければなりません。

贈与税は個人が1年間にもらった合計額から基礎控除額の110万円をひいた残しの額に対してかかります。

そのため、110万円以下ならば贈与税はかからないので申告の必要もありません。

生きているうちに贈与して名義変更をおこなう場合には書類も必要となります。

贈与者は登記識別情報通知と印鑑証明書が、受贈者じゃ住民票、そして、名義変更する年度の固定資産評価証明書と贈与があったことを証明する贈与契約書が必要となります。

生前時の不動産贈与は贈与税が非常にかかることがネットといえます。

子供ではなく夫婦間で贈与する場合には2110万円まで税金がかからず結婚してから20年たっていることが条件となります。

▼オススメサイト
不動産登記

Copyright (C) www.office-press.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更の初歩